僕が起業した理由と社名「ひまつぶし」に込めた想い。

昨日、法務局に行って株式会社を登記してきました!!

去年の年末から準備してようやくできました。

株式会社を設立した理由

会社を持ってた方が、カッコいいし、ちゃんとしてる感じがするから、会社はそのうち立てようとは思ってたけど、去年の12月にすぐ立てようと思い、準備を始めました。

会社をすぐ立てようと思った理由は3つあります。

⑴めちゃくちゃ簡単に出来ると知った

会社を作るのは手続きが面倒そうだなというイメージがあったけど、

去年キャンディに、20歳で大学をやめてすぐ会社を作ったって子が来て、話を聞いてたら、今は行政書士とかに頼まなくてもネットですぐ簡単に手続きを進められるということがわかりました。

面倒くさがりの僕もそれだったら良いなって思いました。笑

実際、スマホ1台でめっちゃ簡単にできました!

むしろ、あっさり出来すぎて実感がないくらいです。笑

その手順はまた次の記事で書きます。

⑵社会的信用と実績

最近、新しい師匠として色々教わっていこうという方ができました。

その人は、17歳で独立し、一度も就職もバイトもしたことがなく、今は様々な業種の会社を8社経営しています。

そんな彼が最も後悔していることが、事業を始めてからすぐに会社を作らなかったことだと聞きました。

その理由は、以下の2つです。

ⅰ.個人事業でどれだけ稼いでも、実績を残しても、法人化した瞬間にそれまでのことはなかったことになる。

ただ、経歴が空白になるだけ。

これは他の経営者さんも激しく同意していました。

ⅱ.先のことを考えると、会社に銀行からの信用を貯めた方がいい。

事業で資金調達が必要なタイミングができたとき、親や友人ではなく、金融機関から借りるのが選択として良い。

理由は、個人に借りたお金は信用として残らないからです。

むしろ、個人から借りると毎回信用を削ることになります。

銀行から借りて返済していけば、全額返し終わる前に、さらに大きな額の借り入れが可能になります。

もちろん個人でも銀行から借りることはできますが、その場合、毎回保証人が必要になります。

その点、会社があれば、会社を借主にして、自分を保証人にでき、すべて自分のコントロールの元にできます。

要は、いずれ法人化するのなら最初から会社を作っていた方がいいということです。

⑶ブランディング

ブランディングと言うと誤解を招きそうですが、

今の時代は経験の価値がどんどん上がっていると思うので、会社を作ることも制度上の利点以上に、試しにやってみるということ自体に大きな価値があると思います。

実際にやっている人と、知っているけどやっていない人には、大きな差があるからです。

あと、多くの人は、簡単に誰でも会社を設立できるということを頭で分かっても、実際にやっている人を見ると、凄い人だと思ったり、頭のいい人だと思ってしまったりすることがあります。

ほとんどの人がやらないからです。

20代ならなおさら。

逆に、やっている人は自然と後からやる人に親近感を覚え、応援してくれます。

これは他のあらゆることにも言えます。

起業でも、転職でも、旅でも、出版でも、ブログを始めるでも、なんでも同じだと思います。

社名は「ひまつぶし」

社名は、
株式会社ひまつぶし」!!!

変な名前!と思った方もいると思います。

なぜこの名前にしたかというと、僕はもともと仕事もひまつぶしでしかないと思っていて、これからの時代「ひまつぶし力」がめちゃくちゃ重要になると思っているからです。

このひまつぶし力には、大きく分けると2つの要素があります。

①次々に遊びを生み出せる企画力
②ひまつぶしくらいの軽いノリで新しいことに挑戦できる瞬発力

なぜ2つが重要かという理由は、これからAIによって人類がものすごいスピードで仕事を失っていくということにあります。

産業革命以降、無くなった仕事は山ほどありますが、大きな問題なのは人類が今だかつて経験したことのないスピードで仕事失っていくということです。

そうするとどうなるかというと、
人間はどんどん”ひま”になる。

洗濯機やお掃除ロボットができて余暇が増えたように、AIの発達によって人はもっともっとひまになり、退屈になる。

そうすると、人は生き甲斐をなくし、活力をなくしてしまう。
①企画力

そこで、その”ひま”を埋められるような遊びを生み出せる企画力が必要になってくると僕は考えています。

ホリエモンはずっと前からこれからの時代は遊びしか仕事にならないと言っています。

僕にもようやくその意味が分かってきました。

これは言い換えると、これまでは仕事ではなかったことを自分で仕事にする力が必要だということだと思います。
②瞬発力

2つ目に、これからの時代において、身軽さがめちゃくちゃ重要だと思います。

ちゃんとした理由がなくても、どんどん行動を起こせる人に、人もお金も集まるようになると思います。

特に目的や社会的ビジョンはないけど、ただ、何か面白いことをやりたくて起業したい、店を持ちたい、旅に出たい、本を出したい。

“ひまつぶし”くらいの軽い気持ちで、ラフにカジュアルに行動を起こせることがすごく大事だと思います。

時代の流れが早くなって、練習してから舞台に立つ時代は終わりました。

今は走りながら考える時代。

時代の第一線で活躍する人たちが口を揃えてそう言っています。

だから、圧倒的にひまをつぶそう。

圧倒的なひまつぶし力を身に付けて、ひまつぶし力を持った仲間を増やしていきたい。

ひまつぶしで作った会社なのに、なんかそれっぽい目的出来ちゃいました。笑

理由とか覚悟とかなくていいからとりあえずやろう!

僕は、このひまつぶし力っていうのをずっと推していこうと思っています。

最近、起業ブームや、好きなことで生きようみたいな流れがあると思うんですが、物凄く“ちゃんとしてなきゃいけない”みたいな空気を感じるんですよね。

何かを始めるときに、「覚悟をもって」とか、「目的を明確にしないとダメ」、とか。

初めはそんなことはどうでもよくて、やりたかったらやったらいいし、違うと思ったら辞めたらいいし、もっと適当に好きなように生きたらいいと僕は思っています。

そうやって次々、新しいことに手を出していける人が個人の価値をあげることが出来て、勝てる人になると思います。

ひまつぶし程度の軽い気持ちでとにかく何でもやろう!

ポンコツ貧乏社長の応援よろしくお願いします!

次回、スマホ一台で株式会社設立する手順書くので、お楽しみに!!

スナックCANDY大阪ファンクラブはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です